(公社)津山市観光協会 〒708-0022 津山市山下97-1 TEL:0868-22-3310 FAX:0868-22-3315

歴史を紐解けば705年、津山で牛馬の市が開かれたとの記録が残っており、
津山地域は古くから牛馬の流通拠点でした。

また肉食が禁止されていた明治以前でも、津山は滋賀県彦根市と並んで、
全国でもまれな「養生喰い」の本場であったようです。

「養生喰い」とは、字の如く「健康のために食べる」、「薬として食べる」
ということで、明治12年に当時の陸軍がまとめた全国主要物産には、
東南条群川崎村(現在の津山市川崎)の牛肉が掲載されており、
津山の牛肉は全国的に有名であったようです。

その証拠に、開国後外国人が多く日本に入ってくる中で、神戸に居留した外国人は津山の養生喰いのおかげで牛肉を入手に困難しなかったといわれるほどです。

歴史の中で育まれた食文化を背景に、津山独特の肉料理は地元に長く愛されてきました。

津山の牛肉料理が全国的に名が知れるようになったきっかけは、平成17年に開催された「晴れの国岡山国体」柔道競技会で、来津する選手へのおもてなし料理として津山ホルモンうどんを紹介したことから始まります。

津山ホルモンうどんを通じた地域をおこしに取り組むため、津山ホルモンうどん研究会が発足し活動をスタート。市内の飲食店を紹介するホルモンうどんマップの作成、全国各地でのPR出展、ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」で好成績を収めたことなどから、津山ホルモンうどんは全国に知られるようになりました。

その後、津山市の食肉文化をPRすることを目的にNWP(肉ワンダーランドプロジェクト)が立ち上がり、干し肉、牛の煮こごり、そずり鍋などの牛肉料理もメディアなどで注目されるようになりました。

2016年には津山で育て、地場産飼料とエコフィードにこだわった「つやま和牛」が誕生。また、牛肉料理のコンテスト「第1回牛うまっ王選手権」を開催し、大きな反響を呼びました


津山は牛肉の聖地として進化を続けています。